神戸にて開催

1:1のマンツーマン
ラテアート教室。

家庭用マシーン・業務用マシン
ラテアートを楽しみたい方へ。

LINEによる徹底的なサポート付き

 

「こだわりのマシーン
イタリア製 la Pavoni を持ち込み。
エスプレッソから、ラテアートまで
すべてをお伝え」

左:松村さん

右:講師・山下翔也

こだわりのイタリア製高級マシン。

パボーニ。

エスプレッソを一緒にテイスティングし

ベストな味を見つけ出しました。

 

その後は、ラテアートの練習を行い、

レイヤーハートを描けるようになりました。

 

LINEサポートもあって

レイヤーハートをマスター!

 

「2月の結婚式でラテアート!

気合いで3種の神器をマスター」

生徒:ドヒさん

 

教室では、黙々と研究。

できるだけ撮影とメモを行い研究。

 

スタート

 

1か月後

たった1か月で家庭用マシンを使用し、

レイヤーハートをマスター。

今後の成長が楽しみです。

 

「シモネリ オスカー2に翻弄。

危機を感じて大阪から出陣。

3回コースで目標の移動販売へ」

右:Uさん

左:講師・山下翔也

ラテアートに関しても
人生初ということで、
姿勢からきっちりと指導。

エスプレッソに関しては、
長らくコーヒーを飲まれていたので、
の見込みが早かったです。

移動販売楽しみですね♪

 

「愛媛から片道2.5時間。

夫婦の趣味にラテアート。

12回コースで最強のホームバリスタに。」

左:鷹尾様

右:講師・山下翔也

奥さん:撮影NG


常に日々レベルアップ。

来るたびにどんどん成長し、
難しいアートも取得していきます。

 

「こんな楽しい教室はないです。

人生初ラテアートですが、

たった5杯入れるだけでハートが描けました。」

左:Takahiro Takiuchi

右:講師・山下翔也

未経験でも理論を理解すれば、

ハートは1日で描けます。

 

「3カ月コースで修行中。

家庭用マシンでもラテアートはできる!」

左:矢島さん

右:講師 山下翔也

人生初のラテアートですが

1カ月でトリプルハートインハートをマスター。

また、現在はレイヤーハートに挑戦中。

 

タウンスクエアコーヒーコースターズ主催
ラテアート大会にて3位入賞!

 

 

さらに、狭き門のUCC主催
マスターズ出場

スクリーン左側

 

『1年コースを受講し

ラテアートをマスター

埼玉県 男性 40代

 

ラテアートの1年コースを受講し、
今ではyoutubeで見たものはかなりの精度で
作れるようになりました。

スタート

現在では、複雑なアートも

 

また、要望のあった紙カップでは、

ウィングチューリップ・スワンといったアートも描けるようになりました。

 

インタビューを頂きましたので、お聞きください。

 

家庭用マシン
レイヤーハート・ウィングチューリップをマスター』

東京都在住 渡邉さん 男性20代

 

マシーン持ち込みでご参加いただきました。

デバイスタイル社製 エスプレッソマシン TH-W020

 

1年コースで、基礎からみっちり行いました。

 

スタート時

 

現在6回のレッスンが終了

レイヤーハート・ウィングチューリップの精度はかなり向上しました。

まだ、7回もありますので、将来が楽しみです。

インタビューを2回目終わりの時に取らせていただきました。

 

『6年間の独学。

イメージはつかめるが、

答えがわからない。

東京都在住 氣田さん 女性30代

 

6年間独学での限界・・・

しかも、カフェはすでに開業。

 

スタート

 

この状況から、きっかけをつかみ、飛躍。

人生初リーフにも挑戦。

 

長い独学期間もあり、基礎を知ってしまえば、トントン拍子での成長。

レッスン終わりにインタビューをいただきました。

ラテアートが分かってきたと断言していただいてます。

 

多人数教室では、きっかけをつかめず

憧れのリーフをマスターするために』

兵庫県在住 Yさん 男性60代

出張教室で、3回コース

 

多人数の教室では、納得がいかず1:1ラテアート教室に参加。

現在3回コースの2回目を終了。

スタート時は、ラインが浮かび上がらず悩まれておりました。

現在2回を終了し、ラインが浮かび始めリーフが完成まであと一歩です。

 

使用しているマシーンは、デロンギの家庭用マシンです。

初めは、クレマも出にくい状況でしたが、現在は調整もできしっかりとクレマも出ております。

 

 

3回目のレッスンでリーフの完成を目指します。

3回目が楽しみです。

 


全くの未経験から

3時間でハートを描いて
頂きました。』

福岡県在住 荒木さん 男性 20代

 

初めの1時間でエスプレッソと
完璧なフォームミルクを徹底的にお伝えさせていただきました。

2時間目からラテアートのハートの実践を行いました。

受講2時間で書いて頂いたアートです。

 

 

受講3時間目(最終)

 


『好みのアートの精度アップ

人生初の白鳥に挑戦!』

兵庫県在住 Kさん 女性 20代

好みのラテアートは、2本のリーフ。

悩みのポイントは手数を増やすことで左右バランスが悪くなること。

もうひとつが、焦りからアートがつぶれることでした。

 

現状

 

1時間猛特訓

 

本人の希望で白鳥に挑戦。

ダブルリーフの練習のおかげで白鳥はかなりのスピードでマスターしました。

 

 


『人生初のリーフへの挑戦』

九州地方在住 Mさん 男性

 

Mさんは、ラテアート練習はしておりましたが、
ハートに自身がない事と、
人生初のリーフへの挑戦が希望でした。

まず、フォームミルクの見直しと
ハートの練習を1時間行いました。

来て頂いた時のハートです。

 

修正ポイントは、中央に書けるようにすることと姿勢が主な修正ポイントです。

1時間調整を行い、中央に書けるようになり、リーフを書く準備が整いました。

 

 

1杯目のリーフ

調整ポイントとしてラインがくっついてしまうので、振り方とタイミングを調整してラインを出すように調整。

 

 

3時間という短い時間でしたが、ラインが描けるようになりリーフらしくなりました。

 

M様よりコメントも頂いております。

独学では、1人称の視点でしかなく
欠点を見つける事が出来ません。

しかし、第三者の目があることにより
自分では絶対に見つける事が出来ない欠点が見つかりました。

また、山下様の独自の考えを学ぶことが出来、
自分のラテアートに対する考えを変える事が出来ました。

ラテートを練習し続けようと思います。

このような、うれしいコメントも頂いております。

 

家庭用マシーンでもウィングに挑戦!』

愛知県在住 30代 男性

 

デバイスタイル、TH-W020を愛用している
ホームバリスタさんからのご参加です。

スタート時のアートです。

 

押し込みはできてますが、押し込みの力加減と、振り方に問題があります。

まずは、カップ中央に描くように調整しました。

 

 

基礎のチューリップができましたので、ウィングに挑戦します。

 

 

思いっきりが足りないので、注ぎの強さを調整していきます。

 

 

最終的には、荒削りですが、ウィングが完成しました。

 

 

きっちりとした、輪郭とハッキリとしたウィングが
完璧にかけているかと思います。

最後に、ウィングなど難しい絵柄は家庭用マシーンではできないと思う方もおられますが、

家庭用マシーンであってもできる事が証明できたかと思います。

 

アンケートもご紹介いたします。

 

 

  ラテアートの王様といわれる
リーフを描いてみませんか?

 

一度リーフを描くと病みつきです。

 

 

はじめまして、エスプレッソ・ラテアート講師の山下翔也です。

1:1のマンツーマンラテアート教室についてご案内させていただきます。

 

 

ラテアートは、数をこなしていくことで、
フォームが作れるようになり、
ハートができるようになります。

 

しかし基礎のハートは練習をこなすことが大切ですが、
正直飽きやすいアートです。

 

また、インスタ映えもせず、
見ごたえのないアートでもあります。

そのため、一刻も早くハートから抜け出したいと思うはずです。

 

しかし、ハートから次のステップに
なかなか踏み出すことができないかと思います。

 

・ピッチャーの振り方がわからない

・ピッチャーを振ってもラインができない

・ピッチャーを振るとアートが崩れる

・リーフのラインが細くならない

・リーフが横に広がらず縦長

・リーフのトップの形が決まらない

 

など、ハートから一歩抜けだそうとすると、
難題が一気に増えてきます。

その問題が発生した数だけ
解決するために情報を探すことになります。

 

 

情報の量に、
めんどくさくなり、
あきらめそうになります。

 

ラテアートの場合、
1つの解決策に対して、
複数の答えが見つかるはずです。

 

例えばハートを大きく描くために調べた場合、

Aバリスタ「ピッチャーを振りましょう」

Bバリスタ「注ぐ勢いを強くしましょう」

Cバリスタ「水面を沢山上げない」

Dバリスタ「水面を上げてから一気に描く」

など、全員が違う答えが出てきます。

 

どれが正しいのかわからず結局は答えが見つからず独学へ。

 

 

直接指導をしてもらうために
ラテアート教室へ・・・

 

 

ラテアート教室では、先生1人に対して生徒が3~4名の場合が多いと思います。

そのため、2時間3000円で合っても、自分の番がなかなか回ってこない。

先生が忙しそうで質問ができない。

教室では先生が手を添えてくれて成功するが、結局家で成功しない。

他の生徒さんがいて、緊張し無駄に失敗してしまう。

緊張して聞いていたことを忘れてしまう事もあります。

 

など、自分の思っていたより楽しみきれず、成功もできず結局答えが見つからない場合が多いかと思います。

 

 

そもそも
業務用マシーンで練習しても
家では家庭用マシーン。

 

 

教室では、何百万もするマシーンを使って練習しますが、
家では家庭用マシーンのため上手くできないと
感じたことがあると思います。

何百万もするマシーンを家に用意できたら
誰でもラテアートはできるはずです。

なぜなら、業務用はスチームの力が強いので
誰でも簡単にフォームはできます。

よって、家庭用マシーンで、
かつ自分に合った答えを知ること
成功への近道ができます。

 

ラテアートには、
十人十色
答えがあるように、

十人十色
間違いがあります。

 

 

調べて試してみるけど、何か違う。

教室に行ってもしっくりこない。

何かが少し違うと、違和感を感じるはずです。

 

それでも、数をこなせば上手くなるとおもい練習をされるかと思います。

 

しかし、失敗の連続でテンションが下がる。

牛乳代に豆代、電気代と費用もかさみため息が毎回出てしまいます。

 

勿論、ラテアートは感覚的なものですので数をこなすことは大切です。

 

 

自分に合った答えを
知って練習をするか、

知らずに練習をするかでは
成長に雲泥の差が
開きます。

 

 

あなたに合った答えを一緒に探しませんか?

また、毎回ラテアートを淹れるたびに、
コツを伝えてもらい飛躍しませんか?

楽して簡単に楽しみませんか?

それが、1:1ラテアート教室のコンセプトです。

 

 

偉そうに言っている私も
初めは皆さんと同じです

 

 

フォームミルクがボコボコする。

ミルクが浮かない。

アートが広がらない。

アートカップ上部にできる。

リーフはラインがくっつく。

リーフが広がらない。

 

など、何もできない状況でした。

 

youtubeを見ては試してみて、
本を購入しては試してみてを繰り返しておりました。

 

ラテアート本

 

勿論、その間にも豆代、牛乳代等で
練習する費用もかさみ
財布状況も苦しい状況です。

 

当時飲食店でのアルバイトでは、かなりの痛手でした。

 

教室にも何度も通いましたが、家庭用マシーンではどうしてもできませんでした。

 

しかし、私はたまたまカフェアルバイトに行ったところで運がよく教えてもらえました。

 

そして
自分にあった答え
めぐり合えました。

 

アートを描いては師匠に見てもらい、

 

質問1

私「ハートがうまく切れないです」

師匠「飛行機が飛ぶように切ってみ」

 

質問2

私「リーフのラインがくっつきます」

師匠「振るより注ぐ勢いをつよめるといい」

 

質問3

私「リーフが広がりません」

師匠「水面上げ過ぎと、カップ中央から描いて」

 

質問4

私「フォームミルクが固いです」

師匠「フォームは作れてるから、温度をしっかりとみて。また撹拌時間を多く取って。」

 

というように、欲しかった答えが出てきました。

 

聞けば聞くほど答えをもらえ飛躍し続けました。

 

また、それだけでなく1:1で教えてもらうタイミングもあり、飛躍のきっかけとなりました。

 

練習では、写真や動画をとり、自分を第三者で見るタイミングも頂きました。

 

実際に撮った写真です。

 

師匠と1:1の環境
自分にあった答えを
教えてもらう。

 

自分自身を
第三者目線で見る。


それが大事だと
感じました!


師匠と1:1で学ぶ。
たったそれだけで、
できるようになりました。

 

 

1:1のマンツーマンで学べる
非常識な教室を開講

 

最大の特徴は、1:1で学べることです。

そして、カメラを使って自分自身を見直すこともできます。

私が飛躍できたきっかけを全て体験していただきます。

 

ラテアートがうまくなるコツは、

1.目で直接見る

2.まねる

3.感覚的な直接アドバイスをもらう

4.継続的に修正をする

この4ステップです。

 

教室の特徴について

 

・教室の特徴1

1:1で1回3時間みっちりとお伝え。

自分の番を待つことなく何回も挑戦できます。

こちらでは牛乳5本分(25回分)用意しております。

足りない場合は、近くの牛乳屋へ購入しに行きます。

 

・教室の特徴2

家庭用マシーンで作れるようになって頂きます。

教室では、家庭用マシーンと業務用マシーンを併用します。

教室の1回目は家庭用マシーンでのフォームミルクの作り方をマスターしていただきます。

家庭用マシーンはデロンギのEC221Rを使用します。

 

・教室の特徴3

レッスンが終われば終了ではなく、LINEでみっちりサポート。

レッスン中に聞き忘れていたことも後から聞くことができます。

また、質問回数は無制限で安心。

 

・教室の特徴4

レッスン中の動画・コメントをこちらでまとめてPDFでお届け。

メモしきれなかった事や、自分のアートを見直すことができます。

それにより、何度も見直して飛躍へのきっかけを手に入れることができます。

 

・教室の特徴5

長期的にサポートやレッスンを継続できる。

長くやり取りをすることで、癖などを全て洗い出すことができます。

その結果、緊張もなくなりより本音で質問や回答ができます。


・教室の特徴6

1:1がレッスンの基本ですが、撮影者や、夫婦の方はパートナーさんと来ていただいても構いません。

勿論、友達と観光ついでに来ていただいても構いません。

 

1:1ラテアート教室に参加する

https://11kozinfo-mu/

 

『内容と価格について』

1日基礎レッスン以外、分割払いも可能です。

 

・1日基礎レッスン
(3時間 1レッスン 10,000円)
・エスプレッソ
・フォームミルク
・ハート
こちら3点を中心にお伝えいたします。特に、フォームミルクを中心にお伝えいたします。理由としてフォームミルクがラテアートの中で一番重要なポイントとなります。
フォームミルクを知り、リーフなどの難しい技への突破口を開いて頂きます。
※技量により内容を変更する場合もございます。1週間のLINEサポート付き

 

・理想のリーフを目指して
(3時間×3回レッスン 合計9時間 30,000円)
内容として、
1回目:エスプレッソ・フォームミルク
2回目:ハートの精度アップとリーフへの挑戦
3回目:リーフの制度アップ
こちらの流れで行います。ハートとフォームミルクを再度復習し、広がりのあるリーフを作れるように導いていきます。
また、細かいラインを描く方法、逆に太いラインを描く方法両方をお伝えいたします。
※技量によって内容を変更する場合もございます。半年以内に3回レッスンを行います。
半年のLINEサポート付き一括でのお支払いでは27,000円とさせていただきます。
また、LINEサポートは1年に延長致します。

 

・三種の神器をマスター
(3時間×6回レッスン 合計18時間  6万 )
※三種の神器=ハート・リーフ・チューリップ内容として、
1回目:フォームミルク・ハートの精度アップ

2回目:ハートの精度アップとリーフへの挑戦
3回目:リーフの制度アップ
4回目:チューリップへの挑戦
5回目:リーフ・チューリップの往復練習
6回目:総復習
こちらの流れで行います。リーフとチューリップを作りだすと100%混乱が生じます。
右利きの場合、右にピッチャー動かしてリーフ、左に動かしてチューリップ。
文章にすれば簡単なことですが、体が慣れるまで調整を行います。
この3つのアートを学ぶことで理論上全てのアートができるようになります。
また、時間があるようでしたら、ウィングへも挑戦できます。
ウィングができるようになることでアートの幅が広がり、見た目もかなり良くなります。1年以内に6回レッスンを行います。1年のLINEサポート付き一括でのお支払いでは5万円とさせていただきます。
また、LINEサポートは2年に延長致します。

 

・さらなる高みを目指して
(3時間×12回 合計36時間 12万)
学べる内容は、ラテアートの全てになります。
・フォームミルク
・ハート
・リーフ
・キャラクター
・複合技
・ウィング系アート
全てをお伝えいたします。最終的には、youtubeを見ればすぐにコピーができる状態になっていただきます。
ということは、「これ描いてみたい」と思ったら描けるようになります。また、一括払いの方は永久LINEサポートでいつでも聞くことができます。
教材やレッスンの流れ等は、状況と希望に応じて変更を行います。毎回、あなただけの教材を私が作成し教室を行います。
2年以内に12回のレッスンを行います。
2年のLINEサポート付き。一括でのお支払いでは、10万円
さらに、教室を12回から13回へアップ。
LINEサポートは無制限にせていただきます。

 

・カスタマイズ可能

基本料金は、1回1万円です。

回数や、一括支払いにより割引等が可能です。

直接お問い合わせください。

 

 

開始日時・場所

 

・開始日時

申し込みを頂きましたらこちらからご連絡をさせていただきます。

その際、希望日をお伺いいたします。

ともに日時が合う日に開催とさせていただきます。

 

・場所

〒655-0037

兵庫県神戸市垂水区歌式山1-3-12-501

https://goo.gl/maps/qq9stxbumFP2

 

 

1:1ラテアート教室に参加する

https://11kozinfo-mu/

 

出張もできます

 

それぞれのコースで出張も可能です。

出張の場合は、1回ごとに+5000円+交通費を頂戴いたします。

交通費に関しては、一番安い交通費で構いません。

兵庫県内の場合は、交通費は不要となります。

その分、レッスン時間を延長致します。

 

マシーン(シモネリ・オスカー)も持ち込み可能です。

その場合は、送料も請求をさせていただきます。

送料は2000円前後かかります。

 

 

 

内容(詳細)

 

『エスプレッソ編(マシーン+基礎知識)』

 

・豆はどのような豆を使用するべきか。
豆は1つだけポイントが有ります。
ポイントを外すと、ただの黒い液体になります。

 

・イタリアンローストをエスプレッソで使用するのは間違い?
間違いではありませんが、エスプレッソ=イタリアンローストという固定概念は、
無くさなければなりません。
コーヒーで重要なのはコクです。

 

・グラインダーの使い方。
コーヒーの宿敵は静電気です。
静電気を発生させる原因はグラインダーにあります。
静電気をうまく除去しなければ、
うまく粉をバスケットに詰める事が出来ません。
そのため、抽出失敗の原因となります。

 

・最速で最適な挽き目(メッシュ)を見つける必殺技。
挽き目の調整でうまくいかず100g全て調整で消える方も多いかと思います。
また、タンパーや粉の量で調整される方も多いかと思います。
それでは、味・色・クレマ全てをベストな状態で抽出する事は不可能です。

 

・使用するベストな粉の量。
使用する粉の量は、豆本来の力が無くなってくる場合に合わせて
量を調整します。
また、豆自体の品種によって変えなければなりません。
調整出来ないと、コクが弱く、ただの黒い液体になってしまいます。

 

・クレマってアク?
クレマは美味しいと印象かもしれませんが、実はアクです。
ただエスプレッソを抽出するだけでは、アクは単なる雑味でしかありません。
アクをいかに美味しい物にするかを、お伝えさせていただきます。

 

・アクを調味料として使う方法。
ある条件を満たさないと、アクは単なる雑味です。
しかし料理同様、アクを味として調理する方法があります。
その方法をお伝えさせていただきます。

 

・耳で感じる適正抽出温度 マシンの水温は基本120度以上になっております。
120度のまま抽出すると、焦げ臭いエスプレッソが出来上がります。
耳で聞き取り、適正温度の見つけ方をお伝えさせていただきます。

 

・スマートに素早くバスケットに粉を入れる方法
粉をバスケットに入れる時、ある事をしなければ、
均等に抽出できず、抽出不完全となります。
また、素早く行う事で、ウイルス対策となり 食の安全に配慮する事が出来ます。

 

・粉をただ平らにならすだけでは、抽出失敗は確実です。
粉をバスケット内で平らにする場合に、圧力を意識しなければいけません。
圧力を意識せず平らにするだけでは、抽出不完全が確定します。

 

・マシーンの寿命を長引かせるための、とあるポイント
ただ、マシーンに粉を詰めて抽出するだけではマシーンが痛みます。
家庭用マシーンでは変えのパーツが無いため、本体買い替えすることとなります。
マシーンの寿命を延ばすための方法をお伝えします。

 

『エスプレッソ編(タンパー)』

 

・性別によるタンパーの選び方
男性と女性では、”手の大きさ・力”が性別によって変わってきます。
性別・体型に合った、タンパーの選び方をお伝えさせていただきます。

 

・腱鞘炎を避けるためのタンパーの使い方
タンパーは手首に多大な負担をかけてしまいます。
ただ押すだけでは腱鞘炎になります。
手首を守るための方法をお伝えします。

 

・確実にまっすぐに圧入する裏技
タンパーは抽出の工程で非常に重要なポイントとなります。
角度が歪むことにより、不完全抽出を引き起こします。
簡単にまっすぐ圧入する方法をお伝えさせていただきます。

 

・まっすぐに圧入出来るかをチェックする方法
まっすぐかどうかチェックする方法があります。
また、タンパーを使用してチェックを行いますので、簡単にチェックが出来ます。

 

・”スマート&カッコ良く”見せるタンピング方法
ただ、スマート&カッコよくてもいけません。
タンピング理論に沿った、カッコいいタンピング方法をお伝えさせていただきます。

 

・バスケット内部まで均等に圧入する方法
表面は均すことで平らにできますが、内部までは均等に出来ません。
普段のタンピングにある事をするだけで、
内部まで均等に圧入する方法をお伝えさせていただきます。

 

・タンピングした、表面をツルツルにする方法
タンピングした表面は絶対にボコボコしております。
このままでは苦みが増す原因となります。
表面をツルツルにすることにより、 コク+バランスを良くする方法をお伝えさせていただきます。

 

『スチーム編(理論)』

 

・カップとピッチャーのベストサイズ
カップとピッチャーのサイズが合っていないと、ラテアートは出来ません。
カップのサイズに合ったピッチャーを見つける方法をお伝えさせていただきます。

 

・ピッチャーのサイズに合った牛乳の最大量
ただやみくもにピッチャーに牛乳を入れても、
あふれたり、撹拌が出来ない状態となります。
ピッチャーに合った、牛乳最大量をお伝えさせていただきます。

 

・ピッチャーの底がへこんでいる理由
rw(ラトルウェア)・update(アップデート)など
ブランドピッチャーの底はへこんでおります。
これはただへこんでいるわけではありません。
へこんでいる理由・へこみの活用方法をお伝えさせていただきます。

 

・ウェットスチーム調整方法
ラテアートに使用するスチームは、カラカラのスチームでは味がおちます。
また、なめらかではなく少しゴワゴワした感じになります。
ベストな湿気を持ったスチームの作り方をお伝えさせていただきます。

 

・最強の隠れ渦理論解説(重要)
教材でも配布致しましたが、100%理解は少し難しいかと思います。 しかし、隠れ渦を理解せずして完璧なフォームミルクは出来ません。
しっかりと納得して頂くまでお伝えさせていただきます。
隠れ渦を知らずして、表面がつややかなフォームミルクは絶対に完成しません。

 

・マシーンに蒸気を少しでも多く詰め込む方法
家庭用マシーンでは、業務用マシーンほどパワーをため込む事が出来ません。
そのため、少しでも多くタンク内に蒸気をつくらなければなりません。
少しでも多くため込み、蒸気のパワーを作り出す方法を
お伝えさせていただきます。

 

『スチーム編(実技)』

 

・蒸気穴の数別の対策方法
エスプレッソマシーンによって、1穴・2穴・3穴・4穴と
様々な種類が存在します。
それぞれに合った、対策方法をお伝えさせていただきます。

 

・蒸気ノズルの挿入ポイント
ただノズルを挿入していいわけでありません。
ポイントがずれることによって、全てのバランスが崩れ
ゴワゴワのフォームミルクが完成してしまいます。
確実なポイントをつかんで頂きます。

 

・隠れ渦解説技術編(重要)
隠れ渦を知識的に理解し、技術的にマスターする方法をお伝えさせていただきます。
これを知ることで、どんなマシーンでも対応できるようになります。
隠れ渦は最強のアイテムの一つです。

・撹拌の回転スピードをアップさせる方法
蒸気のパワーが弱くても、ある方法で補う事が出来ます。
家庭用マシーンだから出来ないという言い訳が出てこないようになります。

 

・ピチャーの角度
ピッチャーの角度により、回転の渦の場所、回転方向など
自由自在に操れるようになります。
それにより、独自の撹拌方法が見つかるようになります。

 

・始めに泡だてる必要性
フォームミルクの泡は初めに水面をたたいて泡を作るかと思います。
しかし、水面をたたいて作る泡は大きく荒い泡が多いです。
実は違うところで泡を作り出す事が出来ます。
”必技”をお伝えさせていただきます。

 

・効率よく大きな泡を極細にする方法
初めに作る泡は【大きく荒い】ですが、必要不可欠です。
この大きくて荒い泡を、効率よく極細にする方法をお伝えさせていただきます。
極細に出来ないと、リーフといった難しい絵柄を描く事は出来ません。

 

・ミルクの中に入れるノズルの深さ
ノズルを沈めるさい、浅ければいい・深ければいい、わけではありません。
適正な深さが重要となります。
どんなに液体が回転していても、深さが適正でないと、
サラサラのフォームミルクは出来上がりません。

 

・縦回転+横回転=斜め回転
フォームミルクを作るさい、2つの方法が存在します。
縦回転・横回転の2パターンです。
『しかし、二つをあわせもった回転は最強の撹拌となります。
極細のフォームミルクを作るには必要不可欠となります。』

 

・適正な温度
フォームミルクは、タンパク質でコーティングした泡の集まりです。
しかし、タンパク質は温度に非常に敏感です。
温度が低すぎても、高すぎても崩壊します。
ベストな温度をお伝えさせていただきます。

 

・サーモメーターは不要!手で最適な温度を見つける方法
サーモメーターとは、温度計の事です。
温度計では数字で的確な温度を示してくれますが、
表示までに時間がかかり、適正な温度で止める事が非常に困難です。
そのため、手を使ってタイムリーに温度を感じ取り
適切な温度を感じる方法をお伝えさせていただきます。

 

・温度は指で計る?手の平で計る?
手というものは、【手の部位】によって温度の感じ方が変わります。
ドリンクによって、温度を計る”部位”を変えなければなりません。
手の適材適所をお伝えさせていただきます。

 

・スチームをかけ終わった後の、泡と液体の混ぜ込み方法
スチームをかけ、フォームミルクが完成したあとですが、
フォームミルクの扱いが雑な方が多いです。
また、分離している状態で絵を描こうとする方が非常に多いです。
丁寧にフォームミルクを扱う方法をお伝えさせていただきます。
これが出来ないと、リーフは絶対にかけません。

 

『ラテアートのルール編』

 

・そもそも、何故牛乳の泡が浮くかをお伝えさせていただきます。
カップの中では様々な現象が起きております。
それらの現象を理解することで、
絵柄別による書き方の調整が出来ます。
基本はハートですが、絵柄によって全て注ぐタイミングが違います。

 

・重力を味方にすることで泡の浮き沈みを調整
ラテアートに一番密接しているのは重力です。
重力を理解し、重力を利用しなければ、
コントラストがはっきりしたアートはかけません。
重力を味方につける方法をお伝えさせていただきます。

 

・わざと泡を分離させる理由
絵柄によって、ピッチャー内の
フォームミミルクをわざと分離させる場合があります。
また、分離度合いによってかける絵柄、描けない絵柄が存在します。
絵柄に合った分離方法をお伝えさせていただきます。

 

・立ち方
人それぞれ体型が違うため、立ち方が異なります。
しかし、自由に立って、アートを描いては歪みが発生します。
歪みが発生しない立ち方を、それぞれに合った立ち方をお伝えさせていただきます。

 

・カップの持ち方
カップが歪んでは、絵柄も歪みます。
カップをまっすぐ持つための方法をお伝えさせていただきます。
また、まっすぐかどうかのチェック方法もお伝えさせていただきます。

 

・ピッチャーの持ち方
ピッチャーの持ち方には様々な方法が存在します。
しかし、間違って持っては、
真っ直ぐ持てない・ピッチャーを振る事が出来ないといった
現象を引き起こし、失敗の原因となります。
フォームミルクを扱うための持ち方をお伝えさせていただきます。
また、肩・肘・手首など、
『人それぞれの骨格に合わせたもち方』をお伝えさせていただきます。

 

・脇の解放度合い
ラテアートで、脇が空きすぎても、閉まりすぎても描けません。
また、複雑な絵柄になればなるほど、リラックスして書かなければなりません。
無駄に力が入らないベストな脇の開け方をお伝えさせていただきます。

 

・ピッチャーの振り方
ピッチャーは、指・肘・肩の3つの関節で振る事が出来ます。
手首で振る事はありません。
また、同時に複数関節を動かす事はありません。
基本は固定します。
それぞれの骨格に合った
振り方・動かす必要の骨格をお伝えさせていただきます。

 

・絵を描く前の、水面の上げ方
絵を描く前に水面をあげ、液体を安定させるかと思います。
しかし、ただフォームミルクを注いで上げるだけでは
失敗の原因となります。
混ぜ込みながら、分離させながら、状態を見る方法を
お伝えさせていただきます。
絵の輪郭は全てこの工程で決まります。

 

・アートを描きだすポイント
絵を描きだす場所は、”真ん中”だとよく言われます。
しかし、真ん中からアートを描けば、100%失敗します。
失敗しない書きだしポイントをお伝えさせていただきます。

 

・カップ内の対流
絵を描くときに発生する対流を理解しなければなりません。
対流が出来てこそのアートで、対流が無いとアートはかけません。
また、対流に合わせて流れることで、
リーフなど難しいアートがかけるようになります。
『カップ内の対流を操作する方法』をお伝えさせていただきます。

 

・液面とピッチャーの注ぎ口の高低差を保つ方法(重要)
絵を描き始めると、ピッチャーの口が離れる方が非常に多いです。
そのため、初めは絵が浮かず、後半から一気に絵が浮き出る方が多いです。
”絵を描くぞ!”と思った瞬間から、絵を浮かせる方法と
その状態を保つ方法をお伝えさせていただきます。

 

・絵柄別、書きあがりの液面をタプタプにする方法
絵柄によって、ラテアートが完成した際、
水面が表面張力でタプタプにならない時があるかと思います。
しかし、どの絵柄でも、液面をタプタプにするために、
多く液体を注げるタイミングがあります。
タイミングを絵柄別でお伝えさせていただきます。

 

『ハート編』

 

・何故ハートが出来上がるかを理論的にお伝えさせていただきます。
イメージが出来ても理論的に理解が出来ていないと、
ハートが完成する事はありません。
理論的に理解し、ハートのイメージを完璧に作れるようになり、
ハートをマスターして頂きます。

 

・ハートを描くための水面の上げ方
ハートにはハートだけの独特な水面の上げ方があります。
ハートを大小調整するのは水面の上げ方にあります。
ただ水面を上げるのではなく、確実なアプローチが必要となります。

 

・周りのクレマをつぶさずして勢いよく注ぐ方法
周りの茶色い部分ですが、クレマリングと呼ばれております。
よくクレマリングをつぶしてしまう方が多いです。
コントラストをしっかりするためには、しっかりと残さなければなりません。

 

・輪郭をはっきりさせる対流理論
輪郭がぼやけると、最終的に何を描いたが分かりにくいです。
また、輪郭がぼやけると、ピントの合っていないカメラのようになり、
見た目が非常に悪いです。
しっかりと輪郭を残す方法をお伝えさせていただきます。

 

・最後の形成(切り方)
せっかく丸を描いて切るだけなのに、ピッチャーでハートをつぶしたり
全てを台無しにしてしまう方が多いです。
最後の形成をしっかりするする方法をお伝えさせていただきます。

 

・切るタイミング
最後の切るタイミングですが、
早くても遅くてもいけません。
カップ並々でちょうどいい量で
止める方法をお伝えさせていただきます。

 

『チューリップ編(3段)』

 

・意外と知られていない、チューリップの描く位置
写真のカップ左下が1段目のアートになります。
しかし、1段目の位置がほとんどの方は間違っております。
下に描かないといけないから下に描くという観点で
描いているからです。
この1段目の描くポイントをお伝えさせていただきます。

 

・押し込みって何?
チューリップの絵柄には押し込みという技が必須となります。
しかし、ピッチャーで無理やり押し込むのではありません。
ピッチャーで押し込んでいる方は形がずれている方が多いかと思います。

 

・チューリップ独自の水面の上げ方
チューリップになると、いかに水面を柔らかくするかが重要なポイントとなります。
しかし、流れない水面を作っている方が非常に多いです。
分離理論を用いた、水面の上げ方をご説明させていただきます。

 

・クレマリングの残し方
注ぐ勢いに任せてで描いている方が多いです。
しかし、実際は勝手に流れて形が形成されます。
形が形成される注ぐスピード+理論をお伝えさせていただいます。

 

・3段と2段チューリップの書き換え方法
アートを描きながら、段数を変える人が多いです。
描いている途中に「3段いけそうだから3段」
「いや、4段いけるかも!」と臨機応変している方が多いです。
しかし、形がつぶれる最大の原因は途中から描き変えることです。

 

・ピッチャーの注ぎを切るポイント
チューリップは、フォームミルクの注ぎを数回切ってアートを描きます。
しかし、フォームミルクの切り方を間違えると、
切った後に、泡が浮かずパニックになる場合があります。
切った後もすぐに泡を出す方法をお伝えさせていただきます。

 

『リーフ編』

 

・リーフが何故かけるかを理論的にお伝え
単純に振って下がればリーフが出来るわけではありません。
何故出来るかを知り、リーフが出来るイメージを頭で作ってもらいます。
まずはイメージです。
イメージが出来ずして、実践では絶対に描けません。

 

・リーフ特有の水面の上げ方
リーフは流れが重要です。
しかし、流すために水面の作り方をおろそかにすると、
泡が浮かず縦長のリーフが完成します。 広がるリーフを描くには水面の上げ方も重要となります。

 

・リーフは、振り下がるだけでなく、押し込みも重要
無駄に広がるリーフを描いても葉っぱのような形になりません。
ですので、リーフのサイドが中央に戻っているような
リーフを描かなくてはなりません。
リーフサイドの作り方をお伝えさせていただきます。

 

・葉っぱの大きさを決める振り方
細かい葉っぱもいいですが、最近の流行りは大きい葉っぱです。
葉っぱの、大きさを変える振り方をお伝えさせていただきます。

 

・注ぐスピードによる、葉っぱの枚数変更
葉っぱの数は注ぐスピードによって変わってきます。
勿論振り方でも枚数は変えれますが、
注ぐスピードの要因の方が比重的に少し大きいと思います。
理想の枚数を描く注ぎ方をお伝えさせていただきます。

 

・リーフのトップを形成する方法
せっかく途中までうまくいっても、最後でつぶれる人が多いです。
トップのハート部分が欠損することにより、
つぶれたリーフ、トップが無く細々としたリーフが、
完成してしまう事が多々あります。
トップをしっかりと形成し、
バランスの良いリーフを描く方法をお伝えさせていただきます。

 

・手首でピッチャーを振る危険性
ピッチャーを手首で振っている人は意外と多いです。
しかし、うまく振る事が出来ず、左右のバランスが
崩れる方を多く見かけます。
ピッチャーは手首で振る事はありません。
あなたに合った、ピッチャーの振り方を
お伝えさせていただきます。

 

『ウィングチューリップ編』

 

周りのラインが中央に入り込み羽のようになっていることから
ウィングと言われております。
ラテアート技術でウィングはかなり高等技術とされております。
しかし、ハートとリーフが出来れば、簡単に出来てしまいます。

 

・対流理論(重要)
カップに流れる対流を理解し、流れに沿ったアートを描くようにしなければなりません。
流れが分からず振ってもウィングにはなりません。

 

・ウィングを描くための描きだしポイント
ウィングを描くためにカップの下から無理やり描きこむ方が多いです。
これもチューリップ同様、失敗の原因となります。

 

・クレマリングをしっかり残す、フレーム理論
フレームと行って、アートとクレマのコントラストをより
ハッキリさせる技があります。
この技は2種類の方法があり、2種類の方法をお伝えさせていただきます。
このウィング理論をマスターすることで、
全国のラテアート大会など、出場しても勝ち残れる技術が付きます。

 

『応用編』

 

・限られたカップの量の中で最大限に手数を増やす方法
チューリップ×リーフなど、沢山書くことを手数を増やすといいます。
手数を増やすことでオリジナルアートや、
アートを描く楽しみが一気に増えます。
例えばリーフを2本書くのもこのようなクロスをしたり、
ハート×リーフといった技も可能となります。
手数はラテアートの楽しさを倍増させる技の一つになります。

 

『キャラクター編(エッチング)』

 

エッチングの基本は、ハートとチューリップになります。
この2つが出来るようになることで、
様々な絵を描く事が出来るようになります。

・真っ白な丸や、ハートを描く方法(重要)
絵を描くのに、丸の内側にクレマが入り込みラインが出来ては
せっかくのアートが台無しになります。
クレマがアートの内側に入らないようにする方法をお伝えさせていただきます。

 

・泡だけをスプーンですくう方法
出来上がった絵柄に、耳などを描こうと泡をのせるかと思います。
しかし、泡だけをすくえず滲んでモヤモヤする時があるかと思います。
それは、泡ではなく液体を多く救ったためです。
泡だけをすくう方法をお伝えさせていただきます。

 

・文字や、クロスしたラインを描くときの注意点
アートの上で文字や、クロスしたラインを描くさい、
伸びたり、曲がったりして、思うように描けない時があるかと思います。
それらの原因をお伝えし、思った通りのラインやアートを描く方法を

お伝えさせていただきます。

・エッチングの醍醐味、模様を描く方法
中央の太陽など、ピックで模様を描きます。
このような特殊な絵の書き方をお伝えさせていただきます。

 

『キャラクター編(エッチング+応用)』

トラ

 

ドラゴンや、白鳥といった、技を複合させてたキャラクタの書き方をお伝えさせていただきます。
手数が増えたり、特殊なピッチャーの動きがはいり、
難易度は一気に上がります。
しかし、ポイント、ポイントを押さえることで、
意外に簡単にかけるようになります。

 

・絵を流す、流さないの判断方法
絵柄によって、泡をのせて書く部分と、
流す部分があります。
流すところ、流さないポイントをお伝えさせていただきます。

 

・流さない場合のリーフの書き方
リーフは理論的には流さなければ書けませんが、
流さずして書く方法があります。
これをマスターすることで、幅広いアートを
書く事が出来るようになります。

 

場所・機材について

 

 

場所は、兵庫県神戸市垂水区にて行います。

より詳細の場所は、参加表明をいただけた時点でお伝えいたします。

 

機材についてですが、

業務用マシーンは、シモネリオスカー。

家庭用マシーンは、デロンギEC221を仕様。

 

 

 

 

 

 

1:1ラテアート教室に参加する

https://11kozinfo-mu/

 

是非、
”本気”になって来て
いただきたいので、

私も”本気”を出します。

 

私自身ラテアート教室を自信を持ってますが、
読んでいただいている方には不安があるかと思います。

「こいつ、大丈夫か?」

と、思っているかと思います。

 

そこで、私も本気を出したいと思います。

 

全コース、
全額返金保証制度
ご用意いたしました。

 

しかも、返金は
レッスン費用+毎回の交通費+レッスン回数×5千円(迷惑料)
をお支払いいたします。

 

また、返金保証制度が
発動した場合、

LINEであなたが満足いくか
私が死ぬかまで

サポートをさせていただきます。

 

さらに、
文章で伝えにくい感覚
お伝えするために、
LINEの電話サポート
追加を致します。

 

 

発動条件は2つ。

・LINEサポートで最低週に5回以上はやり取りしてる

・私の指示を聞いて改善をしてくれている

この2つを期間中実行していただけたのに
成長が全くない場合は、発動いたします。

 

これで、私に対する不安と
レッスン費用への不安は
解消されたかと思います。

 

 

 

飛躍していただくために、
シークレット特典

 

特典1
電話サポートもプラスでセット。

 

LINEでの文章だけでは伝えにくい事は絶対にあるかと思います。

また、文章を書くことが苦手な方もおられるかと思います。

電話サポートにより、1:1ラテアート教室を受けているかのような体験になるかと思います。

電話サポートの回数はLINE同様無制限です。

 

特典2
いつでも復習ができるように
レッスン中の動画や写真を
共有致します。

 

レッスン中は緊張してしまい聞き逃してしまう事もあるかと思います。

落ちつている帰りの電車や、次の日でもいつでも見れるようにこちらでまとめてPDFでお送りさせていただきます。

動画は、youtubeで”非公開”でお送りいたします。

漏えいの心配はございません。

 

特典3
マシーン・カップなど
なんでも持ち込みOK

 

家で練習する環境を教室に
持ち込んで頂くことができます。

それにより、家に戻ってもすぐに
ラテアートが楽しむことができます。

 

特典4
撮影機材等
なんでも持ち込みOK

本来は情報の漏えいが怖いため
拒否をしておりましたが、
なんでも復習し、飛躍していただきたいため
持ち込み可能とさせていただきます。

 

募集期間ですが、
私の体力と時間の限界が来た時点で
即終了予定です。

 

どうしても私が1:1で本気を出して
見れる人数に限りがあります。

1日24時間しかなく
私自身も、最新の考え方を学ぶために
東京の師匠のところへ勉強しに行きます。

カフェにも働きに行き
現場の最新情を取ります。

LINEサポート・1:1教室と
生徒さんも増え続けている状況です。

場合によって大会に出場したりと
自分自身を磨くことも怠りたくはありません。

 

しかし、1名の生徒さんにでも
迷惑をかけてしまっては
本気のサポートという
私の言葉に偽りが出てしまうため、
募集を即終了をさせていただきます。

 

LINEサポートは無料も行っており
毎日参加者が増えている状況です。

 

悩まれていると思いますが急ぎご検討ください。

終了する時まで刻一刻と迫っていいる状況です。

 

Q&A

(不安を解消させていただきます。)

 

Q.本当に全額返金保証は発動されますか?

A.勿論です。

全力で努力したのに、駄目だった場合は発動の連絡をください。

 

Q.教室ですがかなりハードに思えます。

A.あなたのスピードに合わせることが可能です。

初めにアンケートや要望をお聞きいたします。

性格等も教えていただけましたら、性格に合わせて進行させていただきます。

 

Q.ラテアートチャンピョンから聞いた方がよくないですか?

A.そんなことはないです。

私は目線をどこまでも下げることができます。

誰にでも合わせることができたため、ラテアートでの入賞者を生み出しました。

また、今のところ全員が急成長をしクレーム0件です。

さらに、チャンピョンは次の大会に向け夜通し練習を行ったりと、徹底的なサポートはしていただけない場合があるかと思います。

誰もが時間は有限です。

私はラテアート教室とサポートに優先的に時間を配分してます。

 

Q.LINEが使えません。

A.メールでサポート致します。

LINEが使えない場合はご連絡ください。

メールにてご対応をさせていただきます。

 

Q.不器用ですが大丈夫でしょうか?

A.問題ございません。

ラテアートの基本はピッチャーをもって牛乳を注ぐだけです。

問題はございません。

心配な方は長期で教室に来ていただけたらと思います。

 

Q.未経験者でも大丈夫でしょうか?

A.経験者より有利です。

経験者の方は、何らかの癖がありアートが描けない状況です。

その癖を抜くだけで莫大な時間がかかる場合があります。

その分、癖のない未経験者の方はより早く飛躍できます。

 

Q.マシーンを持ってませんが大丈夫でしょうか?

A.大丈夫です。

返金保証等の発動はできませんが、試してみたいという感じで来ていただいても大丈夫です。

 

Q.教室で使用する豆は購入できますか?

A.購入できます。

いつでも気軽にお声をおかけください。

 

Q.コース「さらなる高みを目指して」は未経験者でも契約できますか?

A.勿論可能です。

基礎からみっちり行います。

未経験の方でも終わるころにはyoutubeで動画を見たらほとんどのアートが描けてしまう状態になっているはずです。

 

Q.LINE電話サポートはいつ掛けてもいいですか?

A.予約制とさせていただいてます。

他の方とブッキングしたりしないためにも予約をお願いたします。

予約は、早朝・真夜中いつでも大丈夫です。

 

Q.分割支払いでの月々の金額は?

A.最低月10,000円からでお願いたします。

どうしても支払えない月がありましたらご連絡ください。

できる限り融通をさせていただきます。

 

Q.期間中にレッスン回数が消費できない。

A.ある程度融通致します。

入院や諸事情がる場いいはご連絡ください。

できるだけ融通をさせていただきます。

 

Q.家に来ていただくことは可能でしょうか?

A.可能です。

1回のレッスンに、交通費+5000円頂戴いたします。

 

Q.途中キャンセルは可能でしょうか?

A.原則不可とさせていただきます。

 

1:1ラテアート教室に参加する

https://11kozinfo-mu/

 

 

追伸:最後はあなた次第です。

 

私自身独学でラテアートを行っている間は、

 

・美味しくないコーヒーを飲み続け

・ゴワゴワのフォームミルクを飲み続け

・失敗を続け

・キッチンを汚し続け

・情報を取り続け

・結果一向に成長しない

 

頭で分かっているけどできないという日々を送っておりました。

 

本当にもう独学時代には戻りたくないです。

 

独学時代当時このような教室があれば、
一番ラテアートのご賞味を味わえる
「更なる高みを目指して」のコースを
無理矢理でも受けさせたいです。

 

最短最速でラテアート楽しみたいのであれば、
このラテアート教室をお勧めいたします。

また、私は本気であなたと1:1で
サポートすることをお役そくいたします。

 

勉強でも一番成績が伸びるのは家庭教師です。

車の運転も一番重要な技術は教官と1:1です。

自分を知ってもらってそれに合わせた答えをもらう事が何よりも重要です。

 

確実に技術が急激に飛躍する教室は私がご用意いたしました。

最後は、ラテアートを真に楽しむかどうかはあなた次第です。

教室で合えることをお待ちしております。

 

1:1ラテアート教室に参加する

https://11kozinfo-mu/


販売するだけじゃない!
ご購入頂いた方を全力でサポート。

最新記事

  1. https://www.youtube.com/watch?…
  2. https://youtu.be/89tkcZ_iciM …
  3. https://youtu.be/z2rTql0fbN0 …
  4. https://youtu.be/g7mEV8nInro …
  5. https://www.youtube.com/watch?…
  6. https://youtu.be/6AM_IIM6PV0 …
  7. https://youtu.be/NJSxMZTo02M …
  8. https://youtu.be/V3ssKh5BPzc …
  9. https://youtu.be/GlgzNfVugNo …

シングルリーフ

 
 
 
 
 

  SHOPからのお勧め商品